T-GALほっと通信

海外体験を地域で活かす―Think Globally, Act Locally!
T-GALほっと通信 TOP  >  子どもの国際性を育むちょっとしたアイディア

マナー(未来の紳士・淑女のために 余談)

先日レディーファーストの話を書きましたが、日本に戻ってきて体験したちょっと困った話を。

とあるメーカーで働いていた時、北米エリア担当の常務とエレベーターが一緒になったことがありました。常務の方はスタッフと一緒に途中の階から乗り込んできて、一緒に役員フロアで降りることになったのです。

私は“お先にどうぞ”というしぐさをしたのですが、常務さんは私に先におりなさいとおっしゃる。
(私の心の声“常務はアメリカ生活長かったらなあ。でも私が先におりたらそれはそれで…スタッフの人たちもいるし…、ここ日本だし…”)結局私は(当時真面目だったので?)、常務に“お先にどうぞ”と言い、常務が“いいんだよ”と言う、というのを2度ほど繰り返し、結局常務に先に出ていただきました。

入社当初の頃の生意気ばっりばりの帰国子女の私だったら、当然のようにササっと先に出ていったと思うのですが、やはり国際企業と言えども、日本のカイシャだというのが分かっていた中堅社員としては、そのあと同じ席で会議ということもあり、おとなしくしていたのでした。

こういう時の対応って難しいですよね?

mm

マナー(未来の紳士・淑女のために その2)

私がドイツで暮らしていた頃です。日本でいう中2、つまり14歳ぐらいになると、男の子たちにレディーファースト的な扱いを受けてドキっとしたことがあります。誰かの家に遊びに行くと、男の子がコートを脱がしてくれたり、着せてくれたり、ドアを開けてくれたり。こちらも大人のレディになった気分がして、なんだか恥ずかしウキウキでした。

大人になってドイツやオランダに行った時には、男性がエスコートしてくれるのを自然に受けていましたが、でも、あの青春時代の恥ずかしウキウキは、今でも忘れられません。

さすがに我が息子たちにそこまでやれ、とは言いませんが、でも一応は知っておいてほしいので。エレベーターに乗った時に、“あのさ、ドイツなんかではエレベーターを降りる時は女性が先なんだ”とか、レストランで食事する時に、“海外では椅子は男の人がひくんだよ”などと、こそっとつぶやいて脳にすりこませています。母の野望:レディーファーストが自然にできる男性になってほしい!
(日本人の大人の男性が日本でレディーファーストを真面目にやったらそれは浮くと思います。でも、欧米に行った時に自然にできたら素敵だし、それに、欧米の女性に対しても失礼になりませんしね。)

しかし、女性の自立が進んでいる国なのに、なぜレディーファーストは残っているのでしょうか?女性よりも男性のほうが、“不平等だ”と思わないのですかね?息子たちが海外に行くころには時代が変わっていて、もう椅子なんかひかなくなっているのかもしれない?!

mm

マナー(未来の紳士・淑女のために)

国際性というよりは、一般常識、なのかもしれませんが・・・。海外に旅行する時に、“フォークやナイフはどっちから取るんだっけ?”“パン皿はどっちのが自分の?”なんて思われた方もいらっしゃると思います。大人になってマナーの本を読めばわかる、と言えばそれまでですが、はしの使い方と一緒で、小さい頃から練習していたほうが、自然にフォークやナイフを使えるし、それに、使い方に気を取られないので美味しく食べられます。

我が家は、親が美味しいレストランでゆったりと食事をしたい!!という下心があって、小さい頃から子どもたちにナイフとフォークを使って食べる習慣を身に付けさせました。と言っても、別に作法を学ぶ、というのではなく、普段の食事のときにナイフ・フォーク・スプーン、ナプキンなどを出して食べるようにする、という感じで気楽に。

気付いた時でいいので、家でハンバーグを食べる時にでも(この際、ライスも一緒にお皿にのせるのでもいいので・・・洗いが楽なワンプレート!)ナイフ・フォークを出してキコキコと家族で食べてみてはいかがでしょう?
パスタを食べる時にズルズルと音をたてないということも、いちいちうるさく言わないで“今日は高級レストラン風に食べてね”と言って遊び気分で子どもに教えていくと、楽しく食べ方を身に付けることができると思います。
パスタは同じ麺でも実は日本のラーメンやそばとは食べ方がちょっと違うんですよね。口に入る分をフォークにまいてパックンと口に入れると音は出ません

確か、音を出して食べないとマナー違反という国もあったと思いますので、私のお話はあくまでも西洋料理という範囲のこと、ということでお願いしますね。

mm

子どもの国際性…街中で見つけたもの


2010092  9190108ec0-tgal.jpg


たまたま新横浜駅付近を子どもと歩いていて見つけた表示です。普段だったら素通りするのですが、一度通り過ぎてから「ちょっと待てよ」と思い、戻って小3の息子に見せました、。4ヶ国語で表示されています。「ほらね、英語、中国語、韓国語でも書かれているでしょ。日本語が分からない外国人にも分かるようになっているんだよ。駅の表示も英語で書いてある場合があるの、知ってる?」などと、ほんの2、3分ですが、その場で説明。こんなちょっとしたことから、自然に外国語や外国人というに親しみを持ってもらえるといいな、と思います。

ワールドカップを利用しよう その2

またまたワールドカップの話題で失礼します。でも、今まさに、盛り上がっている時が、子どもにいろいろな国の話をするチャンスだと思うのです。これは、長男の受け売りなのですが…
ワールドカップの各国チームの選手の名前を見ているのもおもしろいそうです。イギリスのチームのメンバーの顔ぶれを見ながら、もと植民地だった国との関係を考えるとか。フランスチームだったら、アルジェリアとの関係とか。うちの子は、小学校3年なのでまだそんな話をしても???ですが、小学校高学年だったら、わかってもらえそうですね。
かくいう私、ドイツチームの顔ぶれがゲルト・ミュラーの時代よりも国際的になっている気がして、気になる名前からwikiでルーツを調べてしまいました。トルコ、ポーランド、ガーナ、など、多彩な顔ぶれ。多くは、両親が移民してきて、ドイツで生まれ育った人たちでした。ワールドカップのために、どこぞの国からスカウトしてきた、という人はあまりいないみたい。
移民の国、とまでは言えないでしょうが、ドイツも、移民が多い国になったのだなあ、とドイツがたどった30年を感じてしまいます。
mm



ワールドカップを利用しよう

世界地図を買ったお父様の話題が出ていますが、我が家は、子どもに地球儀を買いました。「いや、ウルグアイすごい」なんて言っているのに、場所も分からないのでは、ということで。
国旗付きなので、自分で、くるくる回しては、「おや?イギリスに似た国旗があるよ」、「色がおんなじだ」なんて言っています。色が同じ、というのに「あ、それは、青の意味が…」と説明しようと思ったのですが、自分はうろ覚えだったので、やめてしまいました。こういう時に、その場でちょっと調べて教えてあげられるといいのですが…。、
ところで、今朝のオランダ対ウルグアイはオレンジパワーがすごかった!オランダの国の色はオレンジなのですが、実は、オランダ人は、普段からオレンジカラーが好きです。何かといえば、オレンジ色のものが出回っています。国に愛着を持っているのだなあ、って感じますね。日本のみんなもオランダ=オレンジというイメージを持ってくれたかなあ。

小国のオランダにスポットが当たったところで…

今朝小学校の読み聞かせに行って、英語の本を読んできたのですが、その前に、英語とドイツ語で挨拶をして(いつもどっちが英語か当てるクイズにしています。)、ついでに、オランダ語の「おはよう」も教えてあげちゃいました。今日ぐらいは、学校で流行ってくれるかしら?こういう時こそ、オランダに興味をもってもらえるチャンスですからね。

mm







子どもの国際性…日本を知る

「アンテナ」の記事を書いてから、"自分の子どもに国際性を身に付けさすにはどうすれば?"と考えているのですが、なかなかコレ!という回答が見つかりません。たぶん、何か1つをやればいい、というものではないのでしょうね。
上の子は、すでに高校3年ですし、今さら親が口出ししたり、教育するような年頃ではありません。それに小学校の頃にオランダに滞在していましたので、とりあえず、色々な国のことを気にしながら生活していた様子。彼の場合は、国際性を磨くことよりも、日本に帰国して学校生活になじむか、という心配のほうが大きかったですし。

下の子はオランダ生まれですが、2歳の時に帰国したので海外のことは殆ど記憶なく、親や兄が話す内容から自分の生まれた国を想像するのみです。これからの社会を生き抜くには、グローバルな視点で物事を見られる人間になってほしい、と思ってしまいますが、道のりは遠い…ようです。
小さい頃の彼にとっては、飛行機で行く所や、長い時間をかけて行く所が"外国"であったようで、北海道に行った時、"外国なのになぜ日本語を話すの?"と言っていました。(北海道の方々すみません。)それで、その場で北海道の位置を説明したのですが、外国のことはおろか、日本ことすらよく知らない(親もそうですが…)のですよね。日本を教えることが先決かも、と気付いた瞬間でした。
しかし、自分の知識すら危うい中で教えるのは難しい…、と思っている今日この頃です。

そういえば、通訳ガイドの試験には、外国語以外に、日本の歴史や地理の試験がありました。やはりガイドたるもの、日本を知っていなくては、ということだったのでしょう。私は大学時代にドイツ語のガイドの試験を受けたのですが、国立公園、国定公園の所在地、川、山、各県の名産品など、とにかく覚える事柄が多くて大変でした。今はすっかり忘れましたが、今でも記憶残っているのが"大歩危 小歩危(おおぼけ こぼけ)"。ゴロが良いので忘れられません。
bymm





子どもの国際性…広報紙 第27号 国際理解教室の記事を読んで

昨日発行されたT-GALの広報紙に市ヶ尾中学でのわくわく交流会についての生徒さんの感想が出ていました。T-GALメンバーの説明や各国のお料理の試食を通じ、みなさん“日本以外の国”について興味を持ってくれたようで、本当に有意義なイベントだったのだろうな、と思いました。と同時に、思ったこと。これだけ世の中に情報があふれ、日々他国の話(ニュースに限らず、バラエティ番組などでも)が取り上げているのに、実は多くの人は、他の国の話を“どこか遠い国のこと”という感覚でしかとらえていないのかな、ということ。いくら情報があっても、“アンテナ”が整備されていなければ、頭の上を素通りしてしまうのですよね。そうそう、私だって学生時代、興味のある教科だったら先生の話を聞くけれど、そうじゃなければ、何となく右から左へ流していた気がする。テスト前には強制的に>“アンテナ”を立てていたかも…。

実は、わくわく交流会を通じてT-GALは、生徒さんたちに“アンテナ”の設置場所(ぐらいかな?)を作っているのじゃないでしょうか?
T-GALの国際理解教室=“アンテナ”の設置場所の整備だとも言えますね。
by mm
ようこそT-GALブログへ
T-GALは、海外生活を体験したメンバー達が、海外で得た体験を活かしたいと立ち上げた会です。  国際理解教室、講演会、世界のレシピ集作成、冊子の発行など多様な活動を行っています。
下記より、T-GALのHPと掲示板に移動できます。
訪問者数
2013.6.12~
カレンダー