T-GALほっと通信

海外体験を地域で活かす―Think Globally, Act Locally!
T-GALほっと通信 TOP  >  2012年06月

ワンコのオランダ滞在記(9)・・・脱走事件その1

オランダはとにかく誘惑が多いところで・・・ウシはいるし、ヒツジはいるし、馬もいるし。お友達だらけ。
だから僕は、家のドアが開く音がするといつもワクワクしちゃうんだよね。なんとかお母さんの足元をすり抜けて家から出られないかって。お散歩はもちろん朝晩行ってもらってたけど、やっぱり、自由に歩き回るのとは違うからなあ。ということで、僕は何度も家から脱走したことがある。
最初は、何となく“あら?外に出ちゃった”という感じだったんだ。それで、家の外をふらふらしてたら、隣のおじさんの車がやってきて、たまたまドアが開いたんで乗り込んじゃったんだ。おじさん、驚いてたよ。

おじさんが驚いたのを見て、僕も驚いちゃって車から降りちゃった。それでお母さんの声がしたので、怒られちゃまずいと思って僕はどんどん牧場のほうにいっちゃったんだ。おじさんとお母さんが何か話してるのが聞こえたけどね、そんなの気にしてたら捕まっちゃうから。

おうちの近くには小さな運河があったからそこでもぶらぶらしたよ。で結局、夜につまらなくなって家の前でうろうろしてたら、どこかのおばさんがやってきて、うちの呼び鈴を鳴らしてくれたんだ。“お宅の犬が外にいるよ”なんて言ってたよ。それで家に入れたんだけど。

お母さんは見ず知らずの人が、親切に犬が帰ってきたのを教えてくれたって喜んでたなあ。

家のそばの運河↓

オランダ運河

広報紙 第29号 と T-GALパンフレット

T-GAL広報紙 第29号ができました。
また、T-GALの活動内容を紹介するパンフレットも新しくなりました。

広報紙最新号のトップ記事は「おふくろの味・海外編」と題し、海外生活の中で覚えた料理、苦労して作った日本の味などなどを紹介しています。その他にも「イムス横浜国際看護専門学校での『国際交流』授業」、「市が尾中学校わくわく交流会」などの報告も掲載。「おすすめの一冊」はメンバー福田晴好さん著の「三角ベース」(文芸社刊)です。

広報紙は、皆さんに読んで頂けるように、公益財団法人「横浜市国際交流協会」、「横浜市青葉国際交流ラウンジ」、都筑区役所1階「都筑区民活動センター」、センター北ノースポート「つづきMYプラザ」にも置かせて頂いています。
ご興味のある方は、ぜひお手にとってご覧ください。

広報紙、パンフレットとも、ご入用の方はT-GALへお問い合わせください。

tgal20yokohama@yahoo.co.jp


                                T-GAL事務局


[ 2012/06/19 14:00 ] お知らせ/報告 | TB(-) | CM(0)
ようこそT-GALブログへ
T-GALは、海外生活を体験したメンバー達が、海外で得た体験を活かしたいと立ち上げた会です。  国際理解教室、講演会、世界のレシピ集作成、冊子の発行など多様な活動を行っています。
下記より、T-GALのHPに移動できます。
訪問者数
2013.6.12~
カレンダー