T-GALほっと通信

海外体験を地域で活かす―Think Globally, Act Locally!
T-GALほっと通信 TOP  >  2013年08月
月別アーカイブ  [ 2013年08月 ] 

帰国生の声: ②社会人になって思うこと

帰国生親子830人のメッセージ『海外で育つということ』で集計したアンケートは、中学生から大学院生までを対象としていました。でも少数ですが「対象外でもいいから是非回答したい」とおっしゃって回答してくださった社会人の方がいました。
社会人になった帰国生の回答から、転載します。

質問:海外での生活体験は、今のあなたにどのような影響がありますか。

★多感な成長期に苦楽を与えてくれた貴重な体験だったと思う。海外での苦労は私に広い見地と自分や他人のより深い理解と追求の機会を与えてくれた。
また、アメリカで得た親友は今でもお互いに支えあい、励ましあう大切な存在だ。
今でも、たまに私は日本とアメリカどちらが自分に合っているのだろうと考えることがあるが、それよりも今は海外で得た経験を無駄にすることなく、どこに行ってもやっていけるような「自分」を築けたら良いと考えている。

★世界に対する自分の限界などないことを体感できたのは人生にとって幸運。はじめにそのきっかけを与えてくれた両親に感謝の気持ちは尽きない。
自分の考え方などある一人の人間の主観でしかなく、あらゆる意味で固定観念を持つのがつまらないことだと知ったのは旅と海外生活のおかげ。

[ 2013/08/15 22:33 ] 帰国子女 | TB(-) | CM(0)
ようこそT-GALブログへ
T-GALは、海外生活を体験したメンバー達が、海外で得た体験を活かしたいと立ち上げた会です。  国際理解教室、講演会、世界のレシピ集作成、冊子の発行など多様な活動を行っています。
下記より、T-GALのHPと掲示板に移動できます。
訪問者数
2013.6.12~
カレンダー