T-GALほっと通信

海外体験を地域で活かす―Think Globally, Act Locally!
T-GALほっと通信 TOP  >  2013年12月
月別アーカイブ  [ 2013年12月 ] 

帰国生の声: ④海外での生活体験  その2

『海外で育つということ』に載せたアンケート回答から転載します。
帰国生の声②③と同じ質問への回答です。

質問:海外での生活体験は、今のあなたにどのような影響がありますか。

★アメリカには様々な人種の人がいて、そのような環境で生活していたので、今でも人種の違う人を見ても特別に思うことはないので、それは良かった点だと思っている。
(アンケート回答時・中学生、帰国時・小学生)

★海外生活がなくても私はそんなに変わっていなかったと思う。親の教育の方が影響があったと私は感じている。
(アンケート回答時・高校生、帰国時・高校生)

★「帰国生のハンデ」を乗り越えられるかどうかの不安がいつも付きまとう。
自分の「居場所」が見つからなくなってしまった。
(アンケート回答時・高校生、帰国時・中学生)

★私の財産の一部である。 My identityである。
(アンケート回答時・高校生、帰国時・中学生)

★自分から進んで動かなければ何も起こらないということ(積極性が大事であるということ)を学んだ。海外志向が強くなった。(将来は、海外と日本の両方で働きたいと考えている)
(アンケート回答時・大学生、帰国時・高校生)

★海外生活があるからこそ今の私がいる。
色々大変なことはあったけれども、それを乗り越えてきた分大人になった。
(アンケート回答時・高校生、帰国時・高校生)

★世界観を変えた。
日本にいたら考えられないようなことばかりおきたけれど(暴動etc…)、一つ一つが全てかけがえのない自分のものになった。
(アンケート回答時・高校生、帰国時・高校生)

[ 2013/12/02 09:36 ] 帰国子女 | TB(-) | CM(0)
ようこそT-GALブログへ
T-GALは、海外生活を体験したメンバー達が、海外で得た体験を活かしたいと立ち上げた会です。  国際理解教室、講演会、世界のレシピ集作成、冊子の発行など多様な活動を行っています。
下記より、T-GALのHPと掲示板に移動できます。
訪問者数
2013.6.12~
カレンダー