T-GALほっと通信

海外体験を地域で活かす―Think Globally, Act Locally!
T-GALほっと通信 TOP  >  色々な国の色々なお話  >  サッカー >  負けちゃいました

負けちゃいました

EURO2008、勝ったのはスペインでした。ドイツ残念。最近ずっと優勝していません。ガンバレ!

ところで、オリンピックのユニフォームもお国柄が出ますが、サッカーのユニフォームにもお国柄が出ていると思います。
息子がサッカーファンだったので、各国の代表ユニフォームを色々な国を旅しては買い集めていたのですが、間近で見ると違いが一層わかる。イタリアのはなんとなく細身でオシャレだったし、ドイツのはやっぱり質実剛健って感じがする。だから応援する国と着たいユニフォーム、着るとカッコいいユニフォームというのは別ものでした。

今度はオリンピックです。各国のユニフォームでお国柄を感じるのもおもしろいと思いますよ。
[ 2008/07/02 11:19 ] 色々な国の色々なお話 サッカー | TB(-) | CM(2)
お国柄
ドイツ、残念でしたねi-238
Mさんにとっては、第2、3?の故郷、思い入れもさぞかし。。。

お国柄といえば、私も滞在地で、かなりサッカーをみにゆく機会があり、お国柄の違いを見ました!
どこの国とは言いませんが、一方ではローカルな料理が食べられないと専属シェフを同行させ、試合でも高性能なギアに身を固めていたお国もあり。
一方、食事も用意されたものを普通に平らげ、試合後は着替えもせずに、片手にスパイクをブラブラ下げて、サンダル?か何かでスタジアムを後にするようなお国もあり。i-84 
どちらが強かったかといえば、結構互角だったりして。
お国柄というか文化、政治、普段の生活もそれぞれ違う国がぶつかる国際試合は、競技中だけでなく、選手の様子を伺うのも面白いですね。
[ 2008/07/02 14:49 ] [ 編集 ]
No title
そういえば、日本のWMの時に、どこかで(確か九州方面?)合宿をしていたドイツチームが日本の霜降り牛を勧められた時にコーチのような人が“素晴らしい肉だが脂身が多すぎる。赤身のほうがいい”と言っていたのをテレビで見ました。筋肉を作るという点では赤身のほうがいいのかも知れませんが、日本人だったら恐らく殆どの人が大喜びするだろうに・・・
私の住んでいたオランダでも肉屋で売っていたのは赤身が中心でしたね。バラ肉というのはあまり食べないのかしら。ブタ肉に関してはベーコンがありますからバラ肉はおいてましたが。
[ 2008/07/14 10:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ようこそT-GALブログへ
T-GALは、海外生活を体験したメンバー達が、海外で得た体験を活かしたいと立ち上げた会です。  国際理解教室、講演会、世界のレシピ集作成、冊子の発行など多様な活動を行っています。
下記より、T-GALのHPと掲示板に移動できます。
訪問者数
2013.6.12~
カレンダー