T-GALほっと通信

海外体験を地域で活かす―Think Globally, Act Locally!
T-GALほっと通信 TOP  >  海外の子育て  >  子どもの国際性を育むちょっとしたアイディア >  マナー(未来の紳士・淑女のために 余談)

マナー(未来の紳士・淑女のために 余談)

先日レディーファーストの話を書きましたが、日本に戻ってきて体験したちょっと困った話を。

とあるメーカーで働いていた時、北米エリア担当の常務とエレベーターが一緒になったことがありました。常務の方はスタッフと一緒に途中の階から乗り込んできて、一緒に役員フロアで降りることになったのです。

私は“お先にどうぞ”というしぐさをしたのですが、常務さんは私に先におりなさいとおっしゃる。
(私の心の声“常務はアメリカ生活長かったらなあ。でも私が先におりたらそれはそれで…スタッフの人たちもいるし…、ここ日本だし…”)結局私は(当時真面目だったので?)、常務に“お先にどうぞ”と言い、常務が“いいんだよ”と言う、というのを2度ほど繰り返し、結局常務に先に出ていただきました。

入社当初の頃の生意気ばっりばりの帰国子女の私だったら、当然のようにササっと先に出ていったと思うのですが、やはり国際企業と言えども、日本のカイシャだというのが分かっていた中堅社員としては、そのあと同じ席で会議ということもあり、おとなしくしていたのでした。

こういう時の対応って難しいですよね?

mm
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ようこそT-GALブログへ
T-GALは、海外生活を体験したメンバー達が、海外で得た体験を活かしたいと立ち上げた会です。  国際理解教室、講演会、世界のレシピ集作成、冊子の発行など多様な活動を行っています。
下記より、T-GALのHPと掲示板に移動できます。
訪問者数
2013.6.12~
カレンダー