T-GALほっと通信

海外体験を地域で活かす―Think Globally, Act Locally!
T-GALほっと通信 TOP  >  帰国子女 >  帰国生の声: ③海外での生活体験

帰国生の声: ③海外での生活体験

『海外で育つということ』に載せたアンケート回答から転載します。
帰国生の声②と同じ質問への回答です。

質問:海外での生活体験は、今のあなたにどのような影響がありますか。

★凄く有意義な体験だったと思う。
Multi cultureのおもしろさ。
人生において絶対忘れない貴重なものだったと思う。
(アンケート回答時・高校生、帰国時・小学生)

★国際的なニュースの時に、どんな感じの国か、だいたいイメージ出来る。
また、自分の国を大切に思う気持ちは、他人より強いと思う。
(アンケート回答時・中学生、帰国時・小学生)

★もし私がずっと日本に住んでいれば、一つの価値感、つまり自己をもって暮らしていて、それが固定していて、新しく視野が広がっても自分なりに解釈してからとりいれることができただろう。
故郷がない。海外に行って良かった、貴重な体験をしたと思うし、また、日本にずっと居たかったとも思う。
(アンケート回答時・高校生、帰国時・中学生)

★海外への適応、帰国してからの適応、両方を終えたと感じる現在、思うことは、海外生活は「重要な経験だった」ということです。それは今の私のアイディンティティーの大部分を占めています。今は誇りに思います。
(アンケート回答時・大学生、帰国時・中学生)

★どこにいても、自分は自分と強く思うことができた。
(アンケート回答時・高校生、帰国時・高校生)

★言語はできないと損だということを教えてくれた。
どこの国でも何でも興味を持って接すれば、楽しい時を過ごすことができると実感した。
(アンケート回答時・大学生、帰国時・高校生)

[ 2013/09/04 15:45 ] 帰国子女 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ようこそT-GALブログへ
T-GALは、海外生活を体験したメンバー達が、海外で得た体験を活かしたいと立ち上げた会です。  国際理解教室、講演会、世界のレシピ集作成、冊子の発行など多様な活動を行っています。
下記より、T-GALのHPに移動できます。
訪問者数
2013.6.12~
カレンダー