T-GALほっと通信

海外体験を地域で活かす―Think Globally, Act Locally!
T-GALほっと通信 TOP  >  色々な国の色々なお話  >  シンガポール >  シンガポールでの春節(旧正月)

シンガポールでの春節(旧正月)

シンガポール大田さん - 春節

シンガポールではこれから旧正月です。
今年は1月31日と翌2月1日が祝日でお休みです。
街中は馬年にちなんで馬の飾りつけや真っ赤な飾りつけで華やかです。
シンガポールは中華系の人が人口の8割で、中国旧正月をお祝いするので今は皆、お正月前最後のお買い物、大掃除で大忙しです。
こちらでは大晦日の日が特別な日で親戚一同皆で集まって夕食を食べます。
大晦日の夕食は皆でお鍋をします。
シンガポールでは女の人は皆お仕事をしているので、新年も、日本と違っておせち料理みたいな手の込んだお料理はしません。

お正月は、"新年快楽"と言ってみかん2個とホンバオ(紅包)という赤いお年玉袋に500円くらいのお年玉を入れて子供やお年寄りや独身の人にあげます。
いくつになってもお年玉がもらえるのはうれしいですね~

by: mango

日本では旧暦ってだんだんとなじみがなくなってきましたが(お盆は旧暦で行うところが多いかもしれませんが)国が違えばお正月の時期も祝い方も大違いなのですね。
午年にちなんだ飾り付け、きれいです。
お年玉を子どもだけではなくお年寄りや独身の人にあげるって面白いと思いました。
私の住む横浜では節分の昨日「恵方巻き」があちらこちらで大々的に売られていました。
節分の日に「恵方巻き」を食べる習慣って最近の流行りのような気がしますが、これも地域性があるのでしょうか?
[ 2014/02/04 12:07 ] [ 編集 ]
馬の飾り、きれいですね! 
写真からはテーマパークのパレードを連想しました。一度見てみたい!
お年玉も、いくつになってももらえるのは嬉しいですよね。

恵方巻きは、近くのスーパーでもたくさん出ていました。半月ほど前からは予約もできたようです。私にはなじみのない習慣ですが、子どもたちは「縁起物だから」と言って食べて(丸かじりして)いました。
バレンタインやハロウィンのように、様々な習慣が定着していくのでしょうか。
[ 2014/02/05 09:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ようこそT-GALブログへ
T-GALは、海外生活を体験したメンバー達が、海外で得た体験を活かしたいと立ち上げた会です。  国際理解教室、講演会、世界のレシピ集作成、冊子の発行など多様な活動を行っています。
下記より、T-GALのHPに移動できます。
訪問者数
2013.6.12~
カレンダー