T-GALほっと通信

海外体験を地域で活かす―Think Globally, Act Locally!
T-GALほっと通信 TOP  >  色々な国の色々なお話  >  シンガポール >  旧正月(春節)その3

旧正月(春節)その3

旧正月(春節)その3

それから、日本と同様、新年には、親戚、知人、近隣住民と
年始のお祝いを述べ合うものがあり、それを「拜年 (bai nian)」
といいます。日本でもお馴染みの新年のご挨拶ですね。
シンガポールでは、一般に「恭喜発財(Gong Xi Fa Cai)」が
日本の「明けましておめでとう」に相当するものです。

また、親戚、知人宅を訪問する際に、シンガポールでは、
オレンジ色は「金色=ゴールド」と同じなので、繁栄と幸運
を象徴するみかん2個を赤い袋に入れ、お年玉に相当する
「紅包(アンパオ)」と一緒に持参するのが慣例となっています。
手土産には"Bak Kua" (バークア=BBQポーク) 等が人気が
あるようです。また、訪問先から帰る際には、お返しのみかん
を2個もらうのが慣例となっています。

日本のお年玉に相当するものは「紅包(hong bao)」
(シンガポールでは方言の一つである福建語の「アンパオ」
という呼び名で親しまれている)といい、既婚者が、子ども、
そしてまだ結婚していない独身者(独身である限りに於いて、
年齢は幾つであろうと関係がない)、また、ご老人にも(!)
お年玉をあげるのが習わしとなっています。金額は渡す相手
との間柄を考慮して決まってくるようです。数は偶数が
縁起が良いとされているので、アンパオには偶数の金額を
使用します。一昔前は子どもですと、一人S$2位でしたが、
最近はさすがにS$4~S$8位 になっているようです。

シンガポールの旧正月恒例の一大イベントに
”Chingay Parade (チンゲイ パレード)"という催し物が
あります。今年は1/30、31の両日に行われました。
多民族国家であるシンガポールの多種文化、人種の多様性を、
それぞれの民族伝統衣装や、踊りの披露などを通じて祝う
ことを目的とする山車です。(ブラジルのカーニバルや、
米国ニューオーリンズのお祭りで有名な、”Mardi Gras”
の山車を多種文化版にしたものです。)このチンゲイ
パレードには日本を代表する方々も大勢参加し、毎年白熱
したものとなるようです。

長くなってしまいましたが、このように旧正月一つとってみても、
シンガポールでは、ここに移り住んだ中華人が本土から持って
来たであろう、それぞれの地域の風習、慣例が反映され、
非常にバラエティーに富んでいます。小さな都市国家では
ありますが、日々、色々な側面を見せてくれるこの国からは
留まる事を知らない躍動感が伝わって参ります。


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ようこそT-GALブログへ
T-GALは、海外生活を体験したメンバー達が、海外で得た体験を活かしたいと立ち上げた会です。  国際理解教室、講演会、世界のレシピ集作成、冊子の発行など多様な活動を行っています。
下記より、T-GALのHPと掲示板に移動できます。
訪問者数
2013.6.12~
カレンダー