T-GALほっと通信

海外体験を地域で活かす―Think Globally, Act Locally!
T-GALほっと通信 TOP  >  色々な国の色々なお話  >  アメリカ >  夏に思い出すこと

夏に思い出すこと

色々な国の色々なお話夏に思い出すこと その2

フロリダの夏の風物詩は「雷」。ほとんど毎日のように夕方、激しい雷を伴うスコールが降ります。打たれると痛いほどの勢いで雨が降り、ピカピカゴロゴロが続きます。落雷も多く、停電もしょっちゅうでした。大体が1時間ほどで収まりますが、そのあと、また元気な太陽が顔を出し、地面から湯気が立ち上ります。むっとする空気があたりを包み、不快ではあるものの、「フロリダ」を体感していることがうれしかったように思います。

住んでいたゲインズビルは「フロリダ大学」を中心としたいわゆる大学町。6月~8月までの夏休みの間は帰省する学生も多く、町全体が静かな感じになります。もちろん夏休み中も「夏学期」があり、学生もたくさん残っているのですが、いつものように活動的ではありません。8月半ばくらいになると「WELCOME BACK TO SCHOOL」と書かれたポスターがお店のあちらこちらに貼られ、学用品を中心にセールが展開さていました。1年目には分からなかったのですが、2年目には「WELCOME BACK TO SCHOOL」のポスターの出現と共に町全体が活況を呈してくることがはっきりと分かりました。子ども達の学校も始まり、またいつもの生活が戻ってくることが嬉しくもあり、寂しくもありの「WELCOME BACK TO SCHOOL」でした。

アメリカはサマータイムを採用していますので、4月~10月(2007年からさらにサマータイム期間が長くなり3月第2週から、11月第1週までに変更された)までの間、夜の時間が有効に使えます。夜8時といっても実際は7時なのですから、まだ明るく、気持ちにも余裕ができました。ただ気をつけないと、夜更かしがちになるのが難点。また子どもが登校する7:30頃は実際には6:30ですので、まだ薄暗かったことを懐かしく思い出します。サマータイムが終わる10月はフロリダにとってもそろそろ夏の終焉時期。日本のような「虫の音」「秋風」「名月」など秋を感じる何となくもの悲しい情緒的なものはありませんでしたが、長かった夏との別れは感慨深いものがありました。

自分が「夏休み」とは無縁になってもう何十年も経ちまたしたが、子どもを通して「夏休み」を味わうことができるのは本当に幸せです。今年の夏はどこに行く計画があるわけではありませんが、やはり「夏」はわくわくし、心躍る季節であることは子どもの時と変わりありません。みなさまも暑さに負けずすてきな夏をお過ごし下さい。
[ 2009/07/30 12:23 ] 色々な国の色々なお話 アメリカ | TB(-) | CM(2)
No title
 極寒のトロントの冬を越すため、貧乏人もお金持ちもそれなりにtフロリダ旅行を計画します。自家用車でのんびり南下する人もいれば、ぎゅう詰め飛行機でオーランドに直行。NYまで飛んで、そこから豪華客船で南下するなどなど・・・・とにかく、あこがれのフロリダ半島!だから私の知っているフロリダは真冬からイースターの時期だけです。

 オーランドのマジックキングダム。私のお勧めは何といってもジャングルクルーズ!!  演技派のクルーもすごいのですが、特にお客のノリの良さには圧倒されます。ホントにワニが出てきそうだし、フェイクだと分かっているのに本気でハラハラドキドキ出来ちゃいます。お出かけの時はぜひお試しください。

 メキシコ湾に沈むばら色の夕日や、黄昏時の湿地帯やヤシの木のシルエットも素晴らしいけれど、湿った土や樹木、花の匂いが何よりのごちそうでした。ずっと寒く乾燥したところに居ると、嗅覚が鈍磨されてしまうようです。
[ 2009/07/23 23:42 ] [ 編集 ]
No title
Hirokoさん、コメントをありがとうございます。そうなんです。フロリダは寒い地域の人にとっては、すばらしい避寒地です。お金持ちの人達は(アメリカでお金持ちと言われる人は半端ではない)大西洋側のフォートローダーデールやウェストパームビーチにプライベートビーチのある豪華な別荘を持ち専用の船を停泊させています。海側から豪華な別荘を見て回る「豪華別荘観覧クルーズ」などもありました。オーランドにはデズニー、ユニバーサルスタジオを始めとするとするたくさんのテーマパークがあり、フロリダの観光産業に一役も二役も買っていました。
オーランドからちょっと足を伸ばせば、スペースシャトルが打ち上げられる「ケネディ宇宙センター」があります。最近は日本人宇宙飛行士が活躍していますので、身近に宇宙を感じることができます。
帰国してから2度フロリダまで行く機会がありましたが、日本からちょっと遠いのが難点です。再来年の春長男が大学を次男が中学を卒業しますので、家族で最後になるかも知れないフロリダ旅行を決行しようと、計画中です。
[ 2009/07/25 07:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ようこそT-GALブログへ
T-GALは、海外生活を体験したメンバー達が、海外で得た体験を活かしたいと立ち上げた会です。  国際理解教室、講演会、世界のレシピ集作成、冊子の発行など多様な活動を行っています。
下記より、T-GALのHPに移動できます。
訪問者数
2013.6.12~
カレンダー