T-GALほっと通信

海外体験を地域で活かす―Think Globally, Act Locally!
T-GALほっと通信 TOP  >  国際犬「ワンコのオランダ滞在記」 >  ワンコのオランダ滞在記(6)…お散歩ロード

ワンコのオランダ滞在記(6)…お散歩ロード

お散歩ロード

この道の先にお母さんが断念した牧場があるんだよ。羊や牛がたくさんいたな。(注:オランダ アムステルダム近郊アムステルフェーン市)

これまでの「国際犬」の記事を読む
水路
こんにちは。
きれいなお写真をありがとうございます。

イギリスに住んだとき思ったんですけど
水路にフェンスがないんですね。
人工の水路が町を縫って流れていて、子供が通るところもたくさんあるのに、日本だったら、危ないと思われるでしょうに。
子供だけで外を歩く習慣になっていないので、そんな風景が可能なんだろうと思います。

それに、イギリスの水路は、そんなに深くないんですって。
オランダは、どうですか。
[ 2010/05/08 02:20 ] [ 編集 ]
No title
Mらかみさん
コメントありがとうございます。オランダでは、水路というより運河と呼んでいました。運河には大型船が通る川幅の広い運河から、住宅地に入りこんでいて小型ボートかゴムボートぐらいしか通れないものまであります。写真のはゴムボートしか通れない程度の運河です。深さは、まったくわかりません。というのも水がにごっていて底が見えないんです。この運河、2002年の1月か2月に凍ったのです。あ、凍ってるな?と思って見ていたら、近所の子どもたちがわんさか集まってきてスケートを楽しんでいました。右側の運河が牧場(運河に囲まれた牧場、どうやって牛や羊は移動していたのかは謎)のまわりをぐるっと囲んでいたので、天然のリンクのようでした。
身近な所で滑っているからオランダはスケートに強いんだろうな、と実感しました。
オランダにも運河のまわりに柵はありません。落ちておぼれないように、ということで、学校のスイミングの授業では服を着て靴をはいたまま泳ぐ練習をします。すごく実践的ですよね。

余談ですが、この運河には、冬になるとどこからか白鳥がやってきます。どこから来るのでしょうね?



[ 2010/05/08 16:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ようこそT-GALブログへ
T-GALは、海外生活を体験したメンバー達が、海外で得た体験を活かしたいと立ち上げた会です。  国際理解教室、講演会、世界のレシピ集作成、冊子の発行など多様な活動を行っています。
下記より、T-GALのHPに移動できます。
訪問者数
2013.6.12~
カレンダー