T-GALほっと通信

海外体験を地域で活かす―Think Globally, Act Locally!
T-GALほっと通信 TOP  >  色々な国の色々なお話  >  ドイツ >  いろいろな大きさの野菜

いろいろな大きさの野菜

ドイツやオランダでは白アスパラガスのシーズンになりました。日本では高級品のアスパラガス。あちらでも一般野菜に比べたら高級品です。でも、この時期にはマーケットの露天に太っちょの白アスパラガスが山積みされていて、”食べて、食べて”と呼ばれ、何度か買ってしまいます。日本だとあまりにもお高くて手がでません…。
私が小さい頃は、日本だと缶詰のアスパラガスぐらいしかなかったので、生の白いアスパラガスを初めて見て時に、とても不思議に思ったのを覚えています。ところでアスパラガス以外にも、驚いたのが…

キュウリ→直径3センチ以上、長さ30センチぐらい。お化けキュウリですよね。
ナス→これも日本の3倍はあったかな。今でこそ米ナス(というのですかね?)を見かけますが。

逆にトマトや玉ネギなんかは日本のに比べると小ぶりでしたね。直径6センチぐらいかな。

マーケット(ドイツ語だとマルクト)の八百屋さんでは、黄色、赤、緑と配色よく野菜が並べられていて見ているだけで楽しかったです。mm

[ 2010/05/09 12:24 ] 色々な国の色々なお話 ドイツ | TB(-) | CM(4)
オクラ
そういえば、シンガポールでも野菜のサイズは違うことが多々ありました。

まず思いつくのはオクラ。レディーフィンガーと呼ばれていました。
大きさは日本のとはまったく違い(日本のはフィンガーといっても日本人サイズ?)シンガポールで見るのは、日本の2倍はある長さ、太さもそれにあわせ太め。「淑女の指」にしてはLLサイズでした^^

調理法も(なにしろ量もたっぷりあるので)炒め物にしたり、カレーに入れたり。エスニックな味付けによく合いました。
[ 2010/05/09 23:51 ] [ 編集 ]
野菜の大きさ
そうそう、イギリスでも同じように野菜の大きさには驚きました。

キュウリは普通に売られているものは本当に長さ30cmくらい、大きくて硬くて、味も「ウリ」に近かったように思います。サラダには「ピクルス用」として売られている小ぶりのものを買って使っていました。
大きなキュウリは、種の部分を取ってそこに肉詰めをしてオーブンで焼くとおいしいと教えてもらいました。キュウリを焼く…というのは何となく抵抗があって作ったことはありませんでしたが、今考えると、一度は食べてみたかったと思います。

そういえば、イギリスで初夏によく見かけた作物にルバーブがあります。見た目は赤い蕗のようですがとても酸っぱく、砂糖をたっぷり入れてパイやジャムにします。あの甘酸っぱい味が大好きでした。
最近は日本でもルバーブパイやルバーブジャムを見かけるようになって嬉しいのですが、生のルバーブをどこかで見つけて、また家中に甘酸っぱいにおいをさせながらパイやジャムを作ってみたいと思います。

[ 2010/05/10 17:40 ] [ 編集 ]
きゅうり・キュウリ・胡瓜
きゅうりの詰め物というと、ズッキーニみたいな感じになるのでしょうか。
イギリスで食べられなかったホットなキュウリ、今からでも遅くないので^^是非~中華風に炒めてみてくださいな。
強火でサッと火を通し、お酒、顆粒スープの素などで味付けします。鷹の爪でも散らすとピリ辛で美味。

もうひとつキュウリの話題。

映画「戦場のピアニスト」後半。焼け野原になったワルシャワの街で、主人公がピクルスの大きな缶詰を見つけ、大切そうに持ち歩く姿が印象的でした。

夫の赴任地で、何日か垣間見ただけのポーランド、私の「もう一度行ってみたい国」のひとつです。
映画のピクルスも、とても美味しそうに見えて気になり、輸入食品店で見つけたポーランド製のピクルスを買ったことがあります。
甘めで美味しいのですが、なかなか減らない・・・。あのピアニストのように空腹でもないので、まるごとボリボリは辛い・・・。刻んで使うのが正解かも知れませんね。
[ 2010/05/11 19:04 ] [ 編集 ]
ピクルス
うーむ。そうそう!ピクルスはポーランド製のがおいしいですね。
ドイツでもピクルスは丸ごとみんなかじっていましたよ。

日本では以前はサンドウィッチの横にちょっと小さいのがのっているとか、薄切りをはさんで食べるとか・・・くらいしか見たことなかったのですが・・・・

ドイツでは体がお酢を必要とするので補給するためにとか・・・
水にカルキ分が多いのでピクルスのお酢で溶かす必要があるとか・・・
そんな風に聞いたことがあります。

特にグリルしたチキンを買うと「ピクルスは?」と聞かれました。

日本でもポーランドのピクルス(大瓶)を売っているので我が家では常備…といっても私は少しずつ、主人は大好きでぼりぼりやっています。

[ 2010/05/13 21:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ようこそT-GALブログへ
T-GALは、海外生活を体験したメンバー達が、海外で得た体験を活かしたいと立ち上げた会です。  国際理解教室、講演会、世界のレシピ集作成、冊子の発行など多様な活動を行っています。
下記より、T-GALのHPに移動できます。
訪問者数
2013.6.12~
カレンダー